コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知症サポーターとキャラバン・メイト

1件 の用語解説(認知症サポーターとキャラバン・メイトの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

認知症サポーターとキャラバン・メイト

認知症サポーターは、高齢化で増え続ける認知症への対策として厚生労働省が2005年から養成事業を始めた。先生役のキャラバン・メイトから90分の講座を受けるとサポーターとして認められる。キャラバン・メイトは医師ら専門家から認知症の知識や接し方などの講座を6時間受けるとなれる。ボランティアとしてサポーター養成講座を担う。

(2017-02-03 朝日新聞 朝刊 筑後・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

認知症サポーターとキャラバン・メイトの関連キーワード高齢化社会アルツハイマー型認知症認知症サポーター制度要介護高齢者増え続ける前立腺がん補正予算の臨時交付金高齢者の自殺と孤独死認知症サポーター認知症患者の療養場所06年の医療制度改革

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone