コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知症男性の死亡をめぐる損害賠償訴訟

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

認知症男性の死亡をめぐる損害賠償訴訟

愛知県大府市で2007年12月、認知症男性が徘徊中、JR東海道線共和駅の構内列車にはねられた。男性は「要介護4」と認定されており、直前まで自宅でと2人きりだったが、妻がまどろむ間に外出。昨年8月の名古屋地裁判決は、横浜市に住む長男と、妻の責任を認定。男性は預貯金だけで5千万円を超える遺産があったことも考慮し、約720万円の支払いを命じた。

(2014-04-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

認知症男性の死亡をめぐる損害賠償訴訟の関連キーワード愛知県大府市

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

認知症男性の死亡をめぐる損害賠償訴訟の関連情報