コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知的不協和理論 にんちてきふきょうわりろん

1件 の用語解説(認知的不協和理論の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

認知的不協和理論

知識の矛盾状態における行動の傾向について、フェスティンガーが展開した理論。 信念・意見・態度などを含む我々の知識を<認知要素>と呼ぶ。自分の中にあった<認知要素>と、新たに与えられた<認知要素>の情報が矛盾する状態が<認知的不協和>である。人はこの状態を不快に感じ、この矛盾を解消しようとする。このとき、自分にとって変えやすいどちらか一方の<認知要素>の内容を変えることで、協和した状態へ導こうとする傾向がある。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

認知的不協和理論の関連キーワード複雑型購買行動不協和解消型購買行動述語標準状態ダブルバインド敵対的矛盾宇宙の地平線問題盾状アマガー単位キルヒホッフの昇華熱の式

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone