コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知的不協和理論 にんちてきふきょうわりろん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

認知的不協和理論

知識の矛盾状態における行動の傾向について、フェスティンガーが展開した理論。 信念・意見・態度などを含む我々の知識を<認知要素>と呼ぶ。自分の中にあった<認知要素>と、新たに与えられた<認知要素>の情報が矛盾する状態が<認知的不協和>である。人はこの状態を不快に感じ、この矛盾を解消しようとする。このとき、自分にとって変えやすいどちらか一方の<認知要素>の内容を変えることで、協和した状態へ導こうとする傾向がある。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

認知的不協和理論の関連キーワード認知的斉合性理論

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android