コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誕生と死亡の場所

1件 の用語解説(誕生と死亡の場所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

誕生と死亡の場所

厚生労働省の人口動態調査などによると、1950(昭和25)年は8割以上の人が家で亡くなり、赤ちゃんの9割以上が家で生まれた。76年に、自宅での死の割合と、病院や診療所などの施設での死の割合が逆転した。06年の統計では、死を迎えた場所は施設が85・4%なのに対し、自宅は12・2%。誕生の場所は60年に施設と自宅がほぼ半々になった。06年は施設が99・8%を占めた。

(2009-01-26 朝日新聞 朝刊 大学)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誕生と死亡の場所の関連キーワード人口動態人口動態統計中央労働委員会厚生労働省医籍人口統計過労死認定基準厚生労働大臣労働政策審議会婚姻率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone