語呂合わせ・語路合わせ・語呂合せ・語路合せ(読み)ごろあわせ

大辞林 第三版の解説

ごろあわせ【語呂合わせ・語路合わせ・語呂合せ・語路合せ】

言語遊戯の一。ことわざや俗語などに類似の音を当てて意味の全く異なる成句に仕立てたり、言葉続きの音調によって二重に聞きとれるような成句を作るもの。江戸後期に雑俳の一種として流行。「猫に小判」に対する「下戸げこに御飯」「市川団蔵よびにはこねえか(内から、だれぞよびには来ぬか)」の類。地口。口合くちあい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android