コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読む・訓む よむ

大辞林 第三版の解説

よむ【読む・訓む】

( 動五[四] )
書かれた文字を一字ずつ声に出して言う。文字に従ってとなえる。 「大きな声で-・んでください」 「本を子供に-・んで聞かせる」 「経を-・む」
文字・文章などの表す意味を理解する。 「この本は小学生が-・むのは無理だ」 「会話はだめだが、-・むことはできる」 「あの小説はまだ-・んでいない」
図形・グラフや、一見無意味な文字連続などの意味することを判断し理解する。 「心電図を-・む」 「暗号を-・む」
他人の心や将来のことを推測する。 「胸のうちを-・む」 「相手の出方を-・む」 「消費者動向を-・む」
囲碁・将棋で、先の手を考えたり、相手の手筋を察知したりする。 「十手先まで-・む」 「手の内をすっかり-・まれている」
講談やなにわ節を演ずる。 「寛永三馬術を-・む」
(「訓む」とも書く)漢字に訓をあてる。 「春の日と書いてはかすがと-・めば/平家 7
数える。特に、数を口で唱えながら数える。 「数を-・み上げる」 「あらたまの月日-・みつつ/万葉集 4331
[可能] よめる
( 動下二 )
よめる
[慣用] 行間を- ・鯖さばを- ・鼻毛を- / 眉毛を読まれる
[表記] よむ(読・詠)
「読む」は“文字の音を唱える。意味を理解する”の意。「経を読む」「本を読む」「暗号を読みとく」「手の内を読まれる」「票を読む」〔漢字に訓をあてる場合は「訓む」とも書く〕  「詠む」は“和歌や俳句などを作る”の意。「季節の移ろいを和歌に詠む」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android