コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調度懸け・調度懸 ちょうどがけ

大辞林 第三版の解説

ちょうどがけ【調度懸け・調度懸】

平安時代、朝廷で儀式の時、弓矢をもって供奉する役。
鎌倉・室町時代、主君が外出する時に、弓矢など武具をもって供をする者。
江戸時代、弓矢を立てて飾りとした台。作りつけの箙えびらに矢を立てて、その左右に弓二張を並べて立てたもの。
頂頭ちようず懸け」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

調度懸け・調度懸の関連キーワード平安時代室町時代弓矢

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android