コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調度懸け・調度懸 ちょうどがけ

大辞林 第三版の解説

ちょうどがけ【調度懸け・調度懸】

平安時代、朝廷で儀式の時、弓矢をもって供奉する役。
鎌倉・室町時代、主君が外出する時に、弓矢など武具をもって供をする者。
江戸時代、弓矢を立てて飾りとした台。作りつけの箙えびらに矢を立てて、その左右に弓二張を並べて立てたもの。
頂頭ちようず懸け 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

調度懸け・調度懸の関連キーワード平安時代室町時代弓矢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android