コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調法・重宝 ちょうほう

大辞林 第三版の解説

ちょうほう【調法・重宝】

[1] ( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
〔本来「重宝」と書くべき語であるが、「ちょうほう」と「てうはふ」の音韻上の区別がなくなって混同されたもの〕 「ちょうほう(重宝)」に同じ。 「 -な道具」 「大変-している」 「髱挿たぼさしだの張籠だのと-なことになりました/滑稽本・浮世風呂 2
[0][1] ( 名 ) スル
しらべ考えること。料簡。
ととのえること。準備すること。 「 -ノ良イ人/日葡」
食事の用意をすること。調理。料理。 「肴ヲ-スル/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android