諏訪 蘇山(1代目)(読み)スワ ソザン

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の陶芸家



生年
嘉永5年5月25日(1852年)

没年
大正11(1922)年2月8日

出生地
加賀国金沢(石川県)

本名
諏訪 好武

別名
幼名=栄三郎,別号=精斎

経歴
明治6年東京に出て彩雲楼旭山に陶画を学び、9年東京に製陶場を創設。のち帰京して製陶、鋳銅の指導にあたる。33年京都の錦光山製陶所に招かれ、40年独立して五条坂に開窯。大正3年李王家嘱託として高麗古窯の調査、再興に携わる。青磁白磁にすぐれ、彩磁、窯変にも妙を得た。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android