コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諦洲至信

美術人名辞典の解説

諦洲至信

江戸後期の臨済宗の僧。至信は、諦洲は号。10才で出家、豊後崇福寺篆山に業を受け、性堂慧杲の法嗣となり長門常栄寺に住して民を教化する。後、東福寺に住し、五祖録を提唱する。嘉永2年(1849)寂、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android