コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諫早湾干拓佐賀訴訟

1件 の用語解説(諫早湾干拓佐賀訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

諫早湾干拓佐賀訴訟

国営諫早湾干拓事業が有明海の漁場環境を悪化させたとして、佐賀など有明海沿岸4県の漁民らが、国に工事の差し止めや、漁業への影響を調べる開門調査を求めた訴訟。08年6月27日の佐賀地裁判決は5年間の開門調査を国に命じた。国は同年7月10日に控訴すると同時に、当時の農水相が開門調査の可否を判断する環境影響評価(アセスメント)の実施を表明した。一方、福岡高裁では控訴審の審理が続いている。

(2009-09-20 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諫早湾干拓佐賀訴訟の関連キーワード諫早湾干拓事業諫早湾有明海及び八代海の再生に関する基本方針有明海・八代海総合調査評価委員会国営諫早湾干拓事業開門調査の環境アセス方法書素案タイラギと有明海諫早湾干拓についての民主党政策集INDEX2009の記述諫早湾干拓事業の開門調査諫早湾干拓の開門調査

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone