コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諫早湾干拓開門訴訟

1件 の用語解説(諫早湾干拓開門訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

諫早湾干拓開門訴訟

国営諫早湾干拓事業(長崎県)で有明海の漁場環境が悪化したとして、沿岸4県の漁業者らが工事差し止めや排水門の開門を求めた。一審・佐賀地裁は2008年、環境悪化と干拓の因果関係は、諫早湾周辺について「相当程度の蓋然(がいぜん)性がある」と認め、3年以内に5年間常時開門するよう国に命じる判決を出した。国は控訴した。

(2010-12-05 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諫早湾干拓開門訴訟の関連キーワード有明海諫早湾干拓事業諫早湾有明海及び八代海の再生に関する基本方針諫早湾干拓佐賀訴訟国営諫早湾干拓事業諫早湾干拓についての民主党政策集INDEX2009の記述諫早湾干拓事業の開門調査諫早湾干拓の開門調査諫早湾干拓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone