コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諫早湾干拓

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

諫早湾干拓

農林水産省が防災と農業振興を目的に湾内の3550ヘクタールを1997年に「ギロチン」と呼ばれる鋼板で閉め切り、干潟の一部の672ヘクタールを農地にし、2007年に完成した。総事業費2533億円。閉め切り後の00年冬から01年春にかけて、日本一の生産量を誇るノリが大凶作となった。専門家らの委員会が、干拓堤防水門を開けて干潟を復活させるよう提言開門をめぐり、沿岸漁民と干拓地の農民らの対立が続いている。

(2010-12-01 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

諫早湾干拓の関連キーワード諫早湾干拓についての民主党政策集INDEX2009の記述開門調査の環境アセス方法書素案諫早湾干拓事業をめぐる裁判諫早湾干拓佐賀訴訟諫早湾干拓開門訴訟諫早湾干拓事業調整池のアオコ長崎県諫早市森山〈町〉諫早[市]農林水産省諫早平野干拓の里潮受堤防諫早市雲仙市有明海本明川調整池高来

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諫早湾干拓の関連情報