コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸戸清六(2代) もろと せいろく

1件 の用語解説(諸戸清六(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸戸清六(2代) もろと-せいろく

1888-1969 大正-昭和時代の実業家。
明治21年7月24日生まれ。初代諸戸清六の4男。三重県桑名で家業の山林経営をつぎ,林産物の生産,加工,販売などをおこなう。県最初の育英会(財団法人諸戸家育英会)を設立した。昭和44年12月1日死去。81歳。早稲田中学卒。初名は清吾(せいご)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諸戸清六(2代)の関連キーワードラジオ放送東京ヴェルディ文化勲章ウィルヘルム朝鮮映画由紀さおりビリーバンバン杉田二郎志垣太郎ニッサンフェアレディZ432 PS30型

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone