コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸籠手・諸篭手(読み)もろごて

大辞林 第三版の解説

もろごて【諸籠手・諸篭手】

甲冑かつちゆう着用の際、両手に籠手をつけること。平安・鎌倉時代には太刀・薙刀なぎなたなどで戦う下卒の風俗であったが、南北朝時代頃から上級武士も行うようになった。 → 片籠手

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報