謀反・謀叛(読み)むほん

大辞林 第三版の解説

むほん【謀反・謀叛】

( 名 ) スル
時の為政者にさからって兵を起こすこと。 「 -を起こす」
(「謀叛」と書く)古代、律の八虐の一。国家への反逆をいい、謀反むへん・謀大逆ぼうたいぎやくに次ぐ第三番目の重罪。
無分別なことをすること。特に、女遊びをすること。 「一代の咄しの種にもと思ひ-をおこし/浮世草子・禁短気」 「先づ-の思ひ立ちに、三味線引の役者二人召し寄せ/浮世草子・禁短気」
「謀反勝負」の略。 「 -で出かけたら/洒落本・卯地臭意」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android