コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講堂映画会

1件 の用語解説(講堂映画会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

講堂映画会

1928(昭和3)年ごろから始まった小学校巡回の映画会。最初に映像文化を採り入れた児童教育運動とされる。全日本映画教育研究会(発足時は全日本活映教育研究会)が推進し、大阪の新聞社に事務局が設けられた。全国大会には文部大臣が出席したこともあった。無声の16ミリ教育映画フィルムを会員校(最大時5552校)に廉価で配給し上映された。最後の上映は43年3月。学級が慰問袋作りに一致団結する様子を描いた「ゐもんぶくろ」(全映研製作)で、文部省推薦の国民必見映画となった。全映研はこの直後に、文部省の外郭団体財団法人「大日本映画教育会」に統合され役目を終える。

(2007-06-08 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

講堂映画会の関連キーワード桂離宮経帷子出版新人類天体写真ミナミ和声千里の行も足下に始まる百里の道も一足から渡辺徳助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone