コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講義保障

1件 の用語解説(講義保障の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

講義保障

話されている内容を目に見える文字情報などに訳して聴覚障害者に伝える「情報保障」のうち、特に大学などの講義での情報保障を指す。聴覚に障害のある学生は、1対1のコミュニケーションでは相手の唇の動きを読むことで話がある程度理解できても、講義などではほとんど不可能。情報保障の方法としては、手話通訳のほかノートパソコンを使った要約筆記がある。

(2007-10-27 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

講義保障の関連キーワードクローズドキャプションハードコピーモンゴル文字レタリング鮮やぐ仄見える見える目に入る目に見える見え掛り部分

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone