講義保障

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

講義保障

話されている内容を目に見える文字情報などに訳して聴覚障害者に伝える「情報保障」のうち、特に大学などの講義での情報保障を指す。聴覚に障害のある学生は、1対1のコミュニケーションでは相手の唇の動きを読むことで話がある程度理解できても、講義などではほとんど不可能。情報保障の方法としては、手話通訳のほかノートやパソコンを使った要約筆記がある。

(2007-10-27 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android