コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警察の可視化の取り組み

1件 の用語解説(警察の可視化の取り組みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

警察の可視化の取り組み

2008年9月、警視庁、大阪府警、埼玉、千葉、神奈川各県警で一部過程の録音・録画を導入。09年4月から全国の警察本部に広げた。裁判員裁判の対象事件の容疑者のうち容疑を認めている者に限り、捜査が進んだ段階で自白内容をまとめた調書を取調官が読んで聞かせる場面を録音・録画している。全国の警察による実施件数は昨年12月までに1587件。一方、検察は裁判員裁判対象事件の録音・録画を06年8月に開始。昨年からは範囲を広げ、9~12月に819事件で実施。うち101事件は全過程を対象とした。

(2012-02-23 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

警察の可視化の取り組みの関連キーワード警察本部警視庁府警大阪府警の暴言事件加々美武夫柴田衛守薄田美朝丸山重俊持田盛二池田克彦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone