コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警察庁長官銃撃事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

警察庁長官銃撃事件

1995年3月30日午前8時30分ごろ、国松孝次警察庁長官が東京都荒川区南千住6丁目の自宅マンション前で撃たれた。約20メートル離れた隣棟の角から男が拳銃4発を発射し、うち3発が背中などに命中。長官は一時重体となった。警視庁オウム真理教による組織的犯行との見方だったが、2010年に殺人未遂罪の公訴時効が成立した。

(2015-03-29 朝日新聞 朝刊 2社会)

警察庁長官銃撃事件

1995年3月30日朝、国松孝次警察庁長官(当時)が東京都荒川区の自宅マンション前で銃撃され、重傷を負った。警視庁は、本来殺人事件などを担当する刑事部ではなく、公安部を中心に捜査を続けたが、2010年3月30日に時効が成立。公安部長が記者会見で「オウム真理教の犯行」との見解を示した。この発表で名誉を傷つけられたとして、教団から派生した別団体が都に損害賠償などを求めた訴訟で、都に100万円の賠償を命じる判決が確定している。

(2018-03-26 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警察庁長官銃撃事件の関連情報