護持院ケ原(読み)ごじいんがはら

精選版 日本国語大辞典の解説

ごじいん‐が‐はら ゴヂヰン‥【護持院ケ原】

(護持院の境内にあったため呼ばれた) 東京都千代田区神田錦町にあった空地。護持院焼失後、その跡地を火除地(ひよけち)とした。弘化二年(一八四五)熊倉伝十郎と小松典膳が親の仇本荘辰輔を討った所。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

護持院ケ原
(通称)
ごじいんがはら

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
敵討護持院ケ原
初演
明治32.1(東京・歌舞伎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android