コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護持院原の仇討 ごじいんがはらのあだうち

1件 の用語解説(護持院原の仇討の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ごじいんがはらのあだうち【護持院原の仇討】

小説。森鷗外作。1913年(大正2)発表、山本宇平の姉りよが叔父らと、多年辛苦の末に出会った父の仇敵亀蔵を江戸神田橋外護持院ヶ原で討ち取った事件を描いた歴史小説。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

護持院原の仇討の関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史徳川文庫ウィルソン朝永三十郎阿部守太郎市川久女八(初代)江頭安太郎柏木幸助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone