谷崎 精二(読み)タニザキ セイジ

20世紀日本人名事典の解説

谷崎 精二
タニザキ セイジ

大正・昭和期の小説家,評論家,英文学者 早稲田大学名誉教授。



生年
明治23(1890)年12月19日

没年
昭和46(1971)年12月14日

出生地
東京・日本橋蠣殻町

学歴〔年〕
早稲田大学英文科卒

学位〔年〕
文学博士

経歴
高等小学校卒業後苦学し、発電所夜勤員などをし、早大に入学する。在学中「奇蹟」の同人となる。卒業後、万朝報記者となり、明治44年「おびえ」を発表、以後地に頰つけて」などを発表し、大正6年「離合」を発表して作家生活に入る。その間、ポーガルシンの作品を翻訳し、10年早大講師に就任。以後、作家、評論家、英文学者として幅広く活躍し、昭和23年から35年まで早大文学部部長を務めた。このほか作家として「生と死の愛」「結婚記」「失はれた愛」などがあり、評論面では「文学の諸問題」「小説形態の研究」などがあり、英文学者としても「英文学作家論」「エドガア・ポオ人と作品」などの著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

谷崎 精二 (たにざき せいじ)

生年月日:1890年12月19日
大正時代;昭和時代の小説家;英文学者。早稲田大学教授
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android