コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷村嘉順(初代)(読み)たにむら かじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷村嘉順(初代) たにむら-かじゅん

?-? 江戸時代中期の茶人。
谷村三育の子。石州流道門派(清水派)の清水道簡(どうかん)に師事し,のち幕府の数寄屋頭(すきやがしら)格となった。名は正勝。号は聴雪庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android