谷角日沙春(読み)たにかど ひさはる

美術人名辞典の解説

谷角日沙春

日本画家。兵庫県生。名は久治。別号雪斎・日娑春等。はじめ立脇泰山に、のち京都へ出て菊池契月に師事。遊女をモデルとしたかげりのある女性を描き注目を集め、さらに契月風の新古典主義的で端正な画風に転じ、帝展文展に活躍する。対象をデフォルメした構成画の様式を取り入れる一方、晩年は画壇を離れ、仏画に転じて大作を製作した。昭和46年(1971)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android