豊か・饒か・裕か(読み)ゆたか

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆた‐か【豊か・饒か・裕か】

〘形動〙 (「か」は接尾語)
① 満ち足りていて不足のないさま。富んでいてゆとりのあるさま。豊富。富裕。
※書紀(720)仁徳四年三月(前田本訓)「風雨時に順ひて、五の穀(たなつもの)豊穰(ユタカ)なり。三稔(みとせ)の間、百姓富み寛(ユたか)なり」
※竹取(9C末‐10C初)「かくておきな、やうやうゆたかに成り行」
② 広々としていてゆとりのあるさま。
(イ) 人の心や態度などに余裕があって、おおようであるさま。心が広く安らかであるさま。
※書紀(720)継体即位前(前田本訓)「天皇、壮大(をとこさかり)にして、士(ひと)を愛(め)で賢(さかしき)を礼(ゐやま)ひたまふて、意(みこころ)豁如(ユタカニましま)す」
(ロ) ゆったりと広がるさま。ゆるやかなさま。
※古今(905‐914)雑上・八六五「うれしきをなににつつまん唐衣たもとゆたかにたてといはましを〈よみ人しらず〉」
(ハ) ゆっくりと落ち着いているさま。のんびりとくつろいでいるさま。
※御伽草子・一尼公(つれなしの尼君)(室町時代物語大成所収)(室町末)「うつつになりてかほをなで、のびをゆたかにかきて」
③ ふっくらとしたさま。豊満で美しいさま。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉再び東京へ「そこには肥った豊かな頬をした娘がゐた」
④ 他の語に付いて、基準・限度を越えて、十分にあるさま、余りのあるさまを表わす。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)一三「いじゃう、なな七日と申には、六しゃく二ふんゆたかなる、もとのをくりどのとおなりある」
ゆたか‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android