豊の明かり(読み)とよのあかり

大辞林 第三版の解説

とよのあかり【豊の明かり】

〔「豊」は美称。「明かり」は顔が赤らむ意〕
酒などを飲んで顔が赤らむこと。 「千秋ちあきの五百秋いおあきに平らけく安らけく聞しめして、-に明りまさむ/祝詞 大嘗祭
酒を飲んで催す饗宴きようえん。大宴会。 「我が大君の神ながら思ほしめして、-見す今日の日は/万葉集 4266
「豊明とよのあかりの節会せちえ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android