コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊北〈町〉 ほうほく〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕豊北〈町〉(ほうほく〈ちょう〉)


山口県北西部、響灘(ひびきなだ)と油谷(ゆや)湾に臨み存在した町。
国指定史跡の土井ケ浜(どいがはま)遺跡(弥生時代)で知られる。2005年(平成17)2月、合併のため廃止。この合併により、豊浦郡消滅。⇒下関市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

豊北〈町〉の関連キーワード土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム中本たか子文學資料館佐々木 安五郎つのしま自然館山口県下関市土井ヶ浜遺跡下関(市)中山忠光墓藤田 隆治金関丈夫角島大橋狗留孫山油谷湾長府藩阿鼓櫻豊田滝部鳩島明寿豊北

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android