コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊島の産廃事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豊島の産廃事件

1980年代から民間業者が車の破砕くずや古タイヤなどの産廃を大量に投棄。91年に業者は廃棄物処理法違反容疑で立件され、有罪が確定した。一帯は高濃度のダイオキシンや重金属で汚染されていた。住民らが県に原状回復を求めた公害調停は2000年に成立。県は業者への指導監督を怠ったとして住民に謝罪し、17年3月末までに産廃や汚染土壌を撤去すると約束した。13年末までの処理量は約65万トン(71.7%)。廃棄物処理法の大幅改正など、国の廃棄物行政にも大きな影響を与えた。

(2014-03-18 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

豊島の産廃事件の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android