コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川光長(2代) とよかわ みつなが

1件 の用語解説(豊川光長(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊川光長(2代) とよかわ-みつなが

1851-1923 明治-大正時代の彫金家。
嘉永(かえい)4年1月11日生まれ。15歳のときから柳川派の流れをくむ初代豊川光長に師事し,のち養子となる。宮内省用品などを製作した。日本美術協会審査員。大正12年9月1日の関東大震災で死去。73歳。旧姓は斎藤。通称は勇吉。号は真柳斎,白山子,夢中山人

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊川光長(2代)の関連キーワード気成チェコ文学リゴレットギュツラフ真葛長造電気万国博覧会ミシン奥健蔵キネマ旬報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone