コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川光長(2代) とよかわ みつなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊川光長(2代) とよかわ-みつなが

1851-1923 明治-大正時代の彫金家。
嘉永(かえい)4年1月11日生まれ。15歳のときから柳川派の流れをくむ初代豊川光長に師事し,のち養子となる。宮内省用品などを製作した。日本美術協会審査員。大正12年9月1日の関東大震災で死去。73歳。旧姓は斎藤。通称は勇吉。号は真柳斎,白山子,夢中山人

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

豊川光長(2代)の関連キーワード大正時代嘉永

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android