コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊後高田[市] ぶんごたかだ

百科事典マイペディアの解説

豊後高田[市]【ぶんごたかだ】

大分県国東(くにさき)半島西部の市。1954年市制。中心市街は中世以来築城が繰り返されたが城下町として発展するには至らなかった。明治以後は半島西部の行政,商業,バス交通の中心。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんごたかだ【豊後高田[市]】

大分県北部の市。1954年市制。人口1万9131(1995)。国東(くにさき)半島の西部を占め,半島の基部西側の桂川の河口三角州に中心市街が発達する。中世は大友氏が支配し,同氏の家臣高田氏がここに築城したが,文禄の役後の大友氏除国とともに高田氏も滅んだ。その後,1669年(寛文9)肥前島原城主松平氏の支領となり,陣屋が置かれた。中津平野東部の中心地として商業が盛んで,農業は低地での米麦作と干拓地呉崎(くれさき)地区でのネギ,スイカ栽培,山間部でのミカン,茶の生産,畜産がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

豊後高田[市]の関連キーワード国東半島富貴寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android