コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊松東十郎(3代) とよまつ とうじゅうろう

1件 の用語解説(豊松東十郎(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊松東十郎(3代) とよまつ-とうじゅうろう

?-? 江戸後期-明治時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
2代豊松東十郎の弟子。天保(てんぽう)4年(1833)豊松音吉を名のり初舞台。音三郎,咲造をへて明治元年3代を襲名。のち,いなり彦六座で活躍した。立役(たちやく)と女方の巧者。明治25年(1892)ごろ死去したという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

豊松東十郎(3代)の関連キーワード操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座助四郎淡路人形浄瑠璃淡路源之丞植村文楽軒(4代)植村文楽軒(6代)内海繁太郎吉田辰五郎(3代)