コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊栄[町] とよさか

百科事典マイペディアの解説

豊栄[町]【とよさか】

広島県中部,賀茂郡の旧町。沼田(ぬた)川の支流椋梨(むくなし)川の最上流域を占め,吉備(きび)高原西部の山間盆地にある。米,特産のゴボウなどの野菜,葉タバコを産し,酪農も営む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよさか【豊栄[町]】

広島県中央部,賀茂郡の町。人口4673(1995)。世羅台地の西部にあり,沼田(ぬた)川の支流椋梨(むくなし)川の最上流域を占める。河川沿いに耕地が開け,多くの溜池があり,米作,タバコ栽培,酪農が行われる。最近は野菜栽培も盛んで,ピーマンは広島ピーマンとして全国に出荷される。ほかにリンゴ,クリ,マツタケも産する。神楽の町として知られ,五行神楽は県の無形民俗文化財に指定されている。【清水 康厚】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

豊栄[町]の関連キーワード吉備高原