コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊橋鉄道田口線

1件 の用語解説(豊橋鉄道田口線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豊橋鉄道田口線

御料林の木材輸送のため、前身の田口鉄道が1929年、鳳来寺口(後の本長篠)―三河海老間で開通。32年に三河田口までの22.6キロが全線開通した。海老川や豊川沿いを通り、鳳来寺山表参道に鳳来寺駅があった。56年に豊橋鉄道と合併して豊鉄田口線に。台風の被害で65年9月以降、清崎―三河田口間が休止。林業の衰退や過疎化などで68年8月31日で運行を取りやめ、廃止になった。

(2012-03-11 朝日新聞 朝刊 三河 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊橋鉄道田口線の関連キーワード御料杣山田口乾汽船御料林消費者包装札幌市電日本の木材自給率複合ターミナル

豊橋鉄道田口線の関連情報