豊沢 大助(2代目)(読み)トヨザワ ダイスケ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

豊沢 大助(2代目)
トヨザワ ダイスケ


職業
義太夫節三味線方

別名
幼名=豊沢 仙太郎,前名=豊沢 仙糸

生年月日
天保1年

経歴
義太夫節三絃の家系。3代目豊沢広助の門弟。安政元年正月西横堀御池橋東詰で「仮名手本忠臣蔵」に豊沢仙糸の名で出演、評判となった。以来竹本染太夫の三味線を務め名声を得た。のち江戸に下って功績を上げ、万延元年大阪に帰り、阿弥陀池、座摩芝居に出演。明治8年2代目大助を襲名、文楽座の立者として活躍した。

没年月日
明治18年 12月25日 (1885年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android