豊沢大助(初代)(読み)とよざわ だいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊沢大助(初代) とよざわ-だいすけ

?-? 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
義太夫節の3代竹沢弥七(初代豊沢広助)の弟子。文化8年(1811)に初舞台。竹沢虎造,豊沢虎造をへて豊沢大助を名のった。大坂出身。通称は平野屋吉兵衛。別名に鶴沢虎造,鶴沢幸治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android