コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊沢広助(6代) とよざわ ひろすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊沢広助(6代) とよざわ-ひろすけ

1842-1924 明治-大正時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保13年1月1日生まれ。義太夫節の5代豊沢広助の弟子。豊沢猿二郎,2代仙糸,3代広作などをへて明治38年6代を襲名。晩年の竹本摂津大掾(せっつのだいじょう)の相三味線をつとめる。大正11年近衛家より名庭絃阿弥(なにわ-げんあみ)の名をあたえられた。大正13年3月19日死去。83歳。大坂出身。本名は岩崎治助。通称は松屋町

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

豊沢広助(6代)の関連キーワード大正時代浄瑠璃

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android