豊沢 広助(7代目)(読み)トヨザワ ヒロスケ

  • 豊沢 広助(7代目) (とよざわ ひろすけ)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の義太夫節三味線方 豊沢家元。



生年
明治11(1878)年2月4日

没年
昭和32(1957)年1月22日

出生地
大阪・大宝寺町

本名
栗原 竹三郎

別名
前名=豊沢 竹三郎,豊沢 猿糸(5代目)

経歴
明治24年豊沢富助に入門、豊沢竹三郎を名乗った。25年彦六座に、26年文楽座に移った。36年5代豊沢広助の養子となり、大正12年5代豊沢猿糸を襲名、昭和6年7代豊沢広助を継いだ。このころ東京の豊沢松太郎に豊沢団平系の演奏法を習い、養父広助の文楽系の弾き方と合わせ、曲節の分類、整理を始め、11年邦楽同好会の頒布レコード「義太夫 節と手順」13枚をまとめた。30年には文部省無形文化財保護委員会の委嘱で6時間のテープ録音を行った。作曲に「修禅寺物語」「東海美女伝」。養子が廃業したため、江戸末期以来の名家・広助家は廃絶した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
義太夫節三味線方

肩書
豊沢家元

本名
栗原 竹三郎

別名
前名=豊沢 竹三郎,豊沢 猿糸(5代目)

生年月日
明治11年 2月4日

出生地
大阪府 大宝寺町

経歴
明治24年豊沢富助に入門、豊沢竹三郎を名乗った。25年彦六座に、26年文楽座に移った。36年5代豊沢広助の養子となり、大正12年5代豊沢猿糸を襲名、昭和6年7代豊沢広助を継いだ。このころ東京の豊沢松太郎に豊沢団平系の演奏法を習い、養父広助の文楽系の弾き方と合わせ、曲節の分類、整理を始め、11年邦楽同好会の頒布レコード「義太夫 節と手順」13枚をまとめた。30年には文部省無形文化財保護委員会の委嘱で6時間のテープ録音を行った。作曲に「修禅寺物語」「東海美女伝」。養子が廃業したため、江戸末期以来の名家・広助家は廃絶した。

没年月日
昭和32年 1月22日 (1957年)

親族
養父=豊沢 広助(5代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1878年2月4日
明治時代-昭和時代の浄瑠璃三味線方
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android