コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊浜〈町〉 とよはま〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕豊浜〈町〉(とよはま〈ちょう〉)


広島県南部、芸予諸島の豊(とよ)島、尾久比(おくび)島、斎(いつき)島と大崎下(おおさきしも)島・三角(みかど)島両島の西半部を町域とし存在した町。豊田(とよた)郡。
豊島の南西海面は海鳥のアビ渡来群游海面として国の天然記念物に指定。2005年(平成17)3月、合併のため廃止。⇒呉市

〔旧地名〕豊浜〈町〉(とよはま〈ちょう〉)


香川県南西部、愛媛県境に存在した町。三豊(みとよ)郡。
2005年(平成17)10月、合併のため廃止。⇒観音寺市

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

豊浜〈町〉の関連キーワード香川県観音寺市豊浜(広島県)豊浜(香川県)大久保 雅彦広島県呉市矢野 伊吉大平 正芳蒲刈[町]大久保雅彦とよはま大崎下島ちょう大野原観音寺アビ類豊浜斎灘

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android