コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田市水道水源保全基金

1件 の用語解説(豊田市水道水源保全基金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豊田市水道水源保全基金

水源地にある森林保全などを目的に、水道料金1トンにつき1円を上乗せして徴収し、積み立てている。一般家庭の年間負担額は300円ほど。2000~06年度は間伐に充てられたが、ここ数年は年に数百万円前後しか使われていない。

(2014-05-31 朝日新聞 朝刊 愛知 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田市水道水源保全基金の関連キーワード水源地森林施業(施業)森林のもつ多面的機能都道府県が所管している森林森林整備法人が所管している森林水土保全林いしかわ森林環境税による森林保全事業水源の森づくりをすすめる市民の会県の水源地域保全条例案(仮称)森林保全

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone