コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田市足助町の古い町並み

1件 の用語解説(豊田市足助町の古い町並みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豊田市足助町の古い町並み

江戸時代から明治にかけて、三河・尾張地方と信州を結ぶ伊那街道の中継地として栄えた。1775(安永4)年の大火の後に再建された古い商家や町屋が数多く残り、2011年6月、国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた。足助川沿いの東西約1・3キロ、広さ21・5ヘクタールの保存地区内には、212棟の伝統的建造物がある

(2016-09-22 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田市足助町の古い町並みの関連キーワード運上所お江戸日本橋御蝦蛄毛巻達磨返し俄狂言奴島田両輪越後節荻江露友(4代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone