豊田湖(読み)とよたこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕豊田湖(とよたこ)


山口県西部、木屋(こや)川上流の木屋川ダムによってできた人造湖。木屋川ダムは、1955年(昭和30)完成の、下関(しものせき)市一帯の各種用水源に利用されるダムで、重力式コンクリートダム(堤高41m、堤長174.3m、面積1.61km2、総貯水容量2175万m3)。釣り・ボート・キャンプなどのレクリエーション基地。近くにある国の名勝・天然記念物の石柱渓(せきちゅうけい)とともに豊田県立自然公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android