豊田湖(読み)とよたこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕豊田湖(とよたこ)


山口県西部、木屋(こや)川上流の木屋川ダムによってできた人造湖。木屋川ダムは、1955年(昭和30)完成の、下関(しものせき)市一帯の各種用水源に利用されるダムで、重力式コンクリートダム(堤高41m、堤長174.3m、面積1.61km2、総貯水容量2175万m3)。釣り・ボート・キャンプなどのレクリエーション基地。近くにある国の名勝・天然記念物の石柱渓(せきちゅうけい)とともに豊田県立自然公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android