コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田湖 とよたこ

1件 の用語解説(豊田湖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕豊田湖(とよたこ)


山口県西部、木屋(こや)川上流の木屋川ダムによってできた人造湖。木屋川ダムは、1955年(昭和30)完成の、下関(しものせき)市一帯の各種用水源に利用されるダムで、重力式コンクリートダム(堤高41m、堤長174.3m、面積1.61km2、総貯水容量2175万m3)。釣り・ボート・キャンプなどのレクリエーション基地。近くにある国の名勝・天然記念物の石柱渓(せきちゅうけい)とともに豊田県立自然公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田湖の関連キーワード俵山温泉木屋材木屋材木屋風木屋師俵山[温泉]豊田[町]木屋平[村]石柱渓木屋所

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊田湖の関連情報