豊田 利三郎(読み)トヨダ リサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

豊田 利三郎
トヨダ リサブロウ

大正・昭和期の実業家 豊田自動織機製作所初代社長;トヨタ自動車工業初代社長。



生年
明治17(1884)年3月5日

没年
昭和27(1952)年6月3日

出身地
滋賀県彦根

本名
児玉

学歴〔年〕
神戸高商卒,東京高商卒

経歴
伊藤忠商事入社。28歳でマニラ支店長に抜擢される。32歳でトヨタグループの始祖豊田佐吉の長女愛子と結婚、豊田家の婿養子となる。大正7年豊田紡織の常務として実権を握る。9年以降の世界的恐慌を乗り切り、15年豊田自動織機製作所の初代社長となり、近代的な豊田企業グループとしての脱皮に尽す。昭和14年トヨタ自動車工業初代社長。16年会長に。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android