豊竹 柳適太夫(2代目)(読み)トヨタケ リュウテキダユウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

豊竹 柳適太夫(2代目)
トヨタケ リュウテキダユウ


職業
人形浄瑠璃太夫

肩書
彦六座座元

本名
寺井 安四郎

別名
前名=竹本 十八太夫,通称=灘安

生年月日
嘉永6年

出生地
大坂(大阪府)

経歴
灘の酒造家。素人浄瑠璃の名手であったが、彦六座を創立して座元となる。一方、太夫としても活躍し、5代目竹本組太夫に師事して、明治24年竹本十八太夫の名で彦六座へ出座。27年2代目豊竹柳適太夫を襲名した。35年に退座。

没年月日
大正6年 4月26日 (1917年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android