コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹古靭太夫(1世) とよたけこうつぼだゆういっせい

1件 の用語解説(豊竹古靭太夫(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹古靭太夫(1世)
とよたけこうつぼだゆういっせい

[生]文政10(1827)
[没]1878
義太夫節の太夫。1世靭太夫門人。富司太夫が師名を継いだので,それより古いといって古靭と名のった。古格を守った情のある語り口で,くろうとには高く評価されていたが,巡業の手違いを根にもった大道具の棟梁に殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

豊竹古靭太夫(1世)の関連キーワード東京(都)カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング安達喜幸飯田新七(2代)久徳伝兵衛五姓田芳柳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone