コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹古靭太夫(1世) とよたけこうつぼだゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹古靭太夫(1世)
とよたけこうつぼだゆう[いっせい]

[生]文政10(1827)
[没]1878
義太夫節の太夫。1世靭太夫門人。富司太夫が師名を継いだので,それより古いといって古靭と名のった。古格を守った情のある語り口で,くろうとには高く評価されていたが,巡業手違いを根にもった大道具棟梁に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

豊竹古靭太夫(1世)の関連キーワードエジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人カニング冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android