コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹古靱太夫(初代) とよたけ こうつぼだゆう

1件 の用語解説(豊竹古靱太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹古靱太夫(初代) とよたけ-こうつぼだゆう

1827-1878 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文政10年1月15日生まれ。大坂の人。義太夫節の初代豊竹靱太夫の弟子。豆太夫,靱小太夫,2代靱太夫をへて明治3年古靱太夫を名のる。2代竹本越路(こしじ)太夫(摂津大掾(せっつのだいじょう))とならび称されたが,明治11年2月24日芝居の千秋楽の日に大道具の棟梁(とうりょう)梶徳に殺された。52歳。本名は木村弥七。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊竹古靱太夫(初代)の関連キーワード東京(都)カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング安達喜幸飯田新七(2代)久徳伝兵衛五姓田芳柳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone