コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹古靱太夫(初代) とよたけ こうつぼだゆう

1件 の用語解説(豊竹古靱太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹古靱太夫(初代) とよたけ-こうつぼだゆう

1827-1878 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文政10年1月15日生まれ。大坂の人。義太夫節の初代豊竹靱太夫の弟子。豆太夫,靱小太夫,2代靱太夫をへて明治3年古靱太夫を名のる。2代竹本越路(こしじ)太夫(摂津大掾(せっつのだいじょう))とならび称されたが,明治11年2月24日芝居の千秋楽の日に大道具の棟梁(とうりょう)梶徳に殺された。52歳。本名は木村弥七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

豊竹古靱太夫(初代)の関連キーワード宇治紫文(2代)高橋桜州竹本咲太夫(8代)鶴賀若狭太夫(2代)鶴沢清六(2代)豊竹若太夫(7代)都一広(初代)都一静都太夫一中(8代)梁瀬我聞

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone