豊竹若太夫(1世)(読み)とよたけわかたゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹若太夫(1世)
とよたけわかたゆう[いっせい]

[生]天和1(1681)
[没]明和1(1764)
義太夫節の太夫。1世竹本義太夫 (筑後掾) の門弟。初名竹本采女。元禄 16 (1703) 年豊竹座を創立,豊竹若太夫と名のり義太夫節界を二分する豊竹氏の祖となる。享保3 (18) 年上野少掾,同 16年越前少掾を受領。享保9年以後,豊竹座の座元,名代,劇場主を兼ね,太夫,興行師両面で活躍。作者紀海音,並木宗輔と提携。延享2 (45) 年太夫を引退,興行師として,また梁塵軒の名で作者としても活躍。美声で表現力に富み,竹本座の地味な西風に対し,派手な東風を確立。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android