コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹若太夫(1世) とよたけわかたゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹若太夫(1世)
とよたけわかたゆう[いっせい]

[生]天和1(1681)
[没]明和1(1764)
義太夫節の太夫。1世竹本義太夫 (筑後掾) の門弟。初名竹本采女。元禄 16 (1703) 年豊竹座を創立,豊竹若太夫と名のり義太夫節界を二分する豊竹氏の祖となる。享保3 (18) 年上野少掾,同 16年越前少掾を受領。享保9年以後,豊竹座の座元,名代,劇場主を兼ね,太夫,興行師両面で活躍。作者紀海音,並木宗輔と提携。延享2 (45) 年太夫を引退,興行師として,また梁塵軒の名で作者としても活躍。美声で表現力に富み,竹本座の地味な西風に対し,派手な東風を確立。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

豊竹若太夫(1世)の関連キーワード天和杉木茂左衛門秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人七五三糸操り永閑節

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android