コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹駒太夫(初代) とよたけ こまたゆう

2件 の用語解説(豊竹駒太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹駒太夫(初代) とよたけ-こまたゆう

?-1777 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
大坂の人。義太夫節豊竹肥前掾(ひぜんのじょう),豊竹越前少掾(えちぜんのしょうじょう)にまなぶ。享保(きょうほう)20年豊竹座に初出演。江戸肥前座にも出演した。美声と裏声で今日に駒太夫風としてつたわる。安永6年4月死去。通称は播磨屋(はりまや)弥三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊竹駒太夫(初代)

没年:安永6(1777)
生年:生年不詳
江戸中期,義太夫節の太夫。豊竹越前少掾(初代若太夫)の門人として享保20(1735)年豊竹座に初出座。寛延1(1748)年のいわゆる「忠臣蔵騒動」以後の豊竹座では豊竹筑前少掾,2代目島(若)太夫に次ぐ存在として二段目切を,筑前少掾引退(1757)以後は四段目切を主に語り,明和2(1765)年に豊竹座が興行権を譲って退転するまで活躍した。この間4度にわたる江戸下り(肥前座への出演)で江戸でも人気があった。美声で高い調子も自在に出たといわれ,なかでも「祇園祭礼信仰記」では三段目の「上燗屋の段」と四段目の「爪先鼠の段」を語り,3年越しのロングランとなる大当たりを取った。その語り口は現在でも「駒太夫風」として伝えられている。2代目は初代の子。7代目が昭和16(1941)年に没している。

(桜井弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊竹駒太夫(初代)の関連キーワード豊竹豊竹若太夫豊竹伊勢太夫豊竹越前少掾豊竹島太夫(初代)豊竹丹後少掾(2代)豊竹湊太夫(初代)豊竹呂太夫豊竹若太夫(2代)豊竹若太夫(3代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone