豊竹駒太夫(1世)(読み)とよたけこまたゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹駒太夫(1世)
とよたけこまたゆう[いっせい]

[生]?
[没]安永6 (1777)
義太夫節の太夫。大坂炭屋町に住んだ。最初 1世竹本大和太夫,次いで豊竹新太夫(肥前掾)に師事し,最終的に 1世豊竹若太夫(越前少掾)の預かり弟子となり,享保20(1735)年豊竹座に初出座。美声家の誉れ高く,高音がどこまでも自在に出るうえに裏声をつかうのが巧みで,人気を博した。宝暦1(1751)年の『一谷嫩軍記』の「流しの枝」,同 7年『祇園祭礼信仰記』の「爪先鼠」などにその語り口を残した。江戸肥前座での公演も好評だったが,大坂では豊竹座一筋に勤め,豊竹座退転後の明和3(1766)年には 2世豊竹此太夫とともに紋下(櫓下)太夫となり,再興に尽力した。(→浄瑠璃人形浄瑠璃文楽

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android