コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹駒太夫(1世) とよたけこまたゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹駒太夫(1世)
とよたけこまたゆう[いっせい]

[生]?
[没]安永6 (1777)
義太夫節の太夫。大坂炭屋町に住んだ。最初 1世竹本大和太夫,次いで豊竹新太夫(肥前掾)に師事し,最終的に 1世豊竹若太夫(越前少掾)の預かり弟子となり,享保20(1735)年豊竹座に初出座。美声家の誉れ高く,高音がどこまでも自在に出るうえに裏声をつかうのが巧みで,人気を博した。宝暦1(1751)年の『一谷嫩軍記』の「流しの枝」,同 7年『祇園祭礼信仰記』の「爪先鼠」などにその語り口を残した。江戸肥前座での公演も好評だったが,大坂では豊竹座一筋に勤め,豊竹座退転後の明和3(1766)年には 2世豊竹此太夫とともに紋下(櫓下)太夫となり,再興に尽力した。(→浄瑠璃人形浄瑠璃文楽

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

豊竹駒太夫(1世)の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物蕪村ズーフ沼波弄山シェリダンハーキマー伊豆大島朝寝坊夢楽アレクサンドル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android