コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹麓太夫(1世) とよたけふもとだゆういっせい

1件 の用語解説(豊竹麓太夫(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹麓太夫(1世)
とよたけふもとだゆういっせい

[生]享保15 (1730). 大坂
[没]文政5 (1822)
義太夫節の太夫。通称鍋屋宗左衛門。大坂雑喉場の生まれで船場の商人だったが,1世豊竹駒太夫の門下となり,宝暦7(1757)年豊竹座に初出座。しろうとから芸界に転ずる,いわゆる「大天狗」の嚆矢とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊竹麓太夫(1世)の関連キーワード中御門宣誠植松雅孝稲葉正任小笠原信成月筌鷹司房煕津川歌門徳純秦竹探柳枝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone